美を愛でることができる美術館

写真

美を愛でることができる美術館

とある美術館に、私がとても気に入っている絵画が所蔵されています。
その絵画を観るためだけに何年かに一度その美術館を訪れるのですが、昨年その美術館を訪れた時にあることに気がつきました。
それまでより、絵画をリラックスして鑑賞できている自分に気がつきました。
それだけでなく、これまでよりもその絵画がより一層魅力的に見えるのです。
美術館の館員に聞いたところ、株式会社モデュレックスという会社がライティングをプロデュースしたのだそうです。
屋外と屋内の照明がとても調和していて、どちらの光もまったく違和感なく溶け込んでいます。
全体的な照明は抑え気味で、余計な照明がそぎ落とされているような気がしました。
その照明のおかげで、何時間でも疲れることなく絵画を観ていることができました。
株式会社モデュレックスは、ライティングで有名な会社だそうですが、照明が変わっただけでこれほど美術館内の雰囲気が変わるものだとは思いませんでした。