葬儀などに参列できない場合に故人やご遺族への気持ちを託して送る、弔電

写真

葬儀などに参列できない場合に故人やご遺族への気持ちを託して送る、弔電

故人への哀悼の意を表したり、ご遺族へお悔やみを申し上げたりするのには、やはり、お通夜や葬儀、告別式に参列をして、お焼香をしたり、ご挨拶をしたりするのが一番でしょう。
しかし、ご不幸というのは本当に突然にやって来るものですから、どうしても都合をつけられず、お通夜や葬儀、告別式に参列することができないという場合もあるかと思います。
そんなときに、故人の死を悼み、ご遺族を労わる気持ちがあることを伝えるのに利用されるのが、弔電です。
自分の身体は参列できない代わりに、気持ちを電報に託して、葬儀の場に送るわけなんですね。
ご遺族が、葬儀の際にどのような順番で電報を読み上げるかを事前に選んでおく都合もありますので、弔電は、ご不幸があったことを知ったら、できるだけ早めに届くように手配するのがマナーです。
また、不幸が重なることを連想させるような「重ね重ね」や「度々」などの言葉や、「死亡」など直接的な表現は、忌み言葉とされているので、電報に記す文章に、盛り込まないように気をつけましょう。
弔電のための文例集なども存在していますので、不安な方は、そういったものを見ながら、文章を練り上げるようにすると、故人やご遺族に失礼な表現がない電報に仕上げられて良いかと思います。
http://www.denpou.net/style_condolence.html