ロハスホールディングスは電力自由化に取り組んでいる

写真

ロハスホールディングスは電力自由化に取り組んでいる

電力自由化は最近の差し迫った問題だと言えます。
電力をぜひ、自由にして欲しいと考えているのは消費者であり、また新規参入を考える事業者でもあるでしょう。
この自由化は多くの人にメリットがあります。
電力供給というものに競争という概念が加えられます。
これまではそういった競争という概念は無かったと言えますが、これからはそうもいかないと思います。
ロハスホールディングスというような新興の企業でもその自由化に取り組んでいます。
やはり電力の自由化は実際に企業が参加して行うことで果たされていくと思います。
消費者がどこから電力を買うのかが自由になるということです。
これが実際に行われると、電気料金が安くなるというのは間違いないと言えます。
競争原理が働くからです。
日本は資本主義の国ですので早くこういった当たり前の競争原理をもって市場を形成して欲しいと思います。
これまでそういった競争がなされなかったのは過去の伝統の名残であると言えます。
今がその伝統から自由になる契機だと言えますのでこの機会を生かして欲しいと思います。