ビットコインの成り立ち

写真

ビットコインの成り立ち

ビットコインは2008年に提出されたサトシ・ナカモトという人物の一つの論文から始まりました。
ここでサトシ・ナカモト氏は中央集権的でない画期的な決済手段としてピア・ツー・ピア方式の電子マネーシステムを提案しています。
その直後からこの論文の内容に興味を持った一部のマニアたちが集まって試験的な運用が始まりました。
コインの入手方法はマイニングが採用され、中にはマイニングによって数万BTCものコインを入手する人も出てきましたが、この時点ではほとんど使い道のないものでした。
そのような状態の中である技術者が取り引き仲間に1万BTCでピザを購入させてくれないかと相談したところ、その商談が成立したため、これがビットコインを使ったはじめての商取引となりました。
つまり、この時点でのコインの価値は8セント程度だったということになります。
その後、ビットコイン市場は急激に拡大し、はじめての取り引きから数カ月後には時価総額が100万ドルを超えるようになりました。
そうなると世界各国に取引所も次々とできるようになり、日本にも取引所が解説されました。
この頃には1BTCの価値が1ドルまで上昇しています。
その後、価値は1TBC=1000ドルを超えるなど市場はますます拡大し、最近では大手のネットショップや企業のオンラインショップなどでも利用できるようになってきています。