後遺障害を負った際の生活について

写真

後遺障害を負った際の生活について

人間だれしも健康的で一生生きていく可能性は保証できません。
一家の大黒柱や自分が交通事故などで身体に今後の仕事や生活に大きな支障が出る大けがをするかもしれません。
そういった場合のために、自賠責保険で後遺障害保険金が存在しており、もし事故で大きな障害を負ったとしても医師の診断書によって「後遺障害別等級表」に応じて保険金が下りてきます。
しかし、このような事例の診断書を作成できるノウハウを持った医師は日本にはあまり多くはいません。
そのため、診断書を書く段階で「実際の患者の障害と診断書の記載されている障害の内容が異なっている」というトラブルがたびたび起こります。
丸の内ソレイユ法律事務所ではこのような交通事故による後遺障害を巡るトラブルに無料で相談に乗ってくれます。
東京駅のすぐ近くにオフィスを構えているのでアクセスが非常に便利ですし、サポート体制も非常に充実しているので、事故で今後の生活の支障となるけがをしたら相談してみることをお勧めします。