料金設定と翻訳レベルを見比べる

写真

料金設定と翻訳レベルを見比べる

個人が個人宛に送る手紙の場合と、企業の間で取り交わされることになる契約書の場合とでは、その文章の持っている意味には大きな違いがあります。
日本語同士であったとしても、前者についてはそれほど厳しい言葉遣いをする必要はありませんが、後者については出来る限り解釈性を残さないように、どう読んでも意味が同じになるような文章を心がける文章品質というものが要求されることになるでしょう。
これは日本語である場合はもちろん、言語の違う英語である場合については一層重要になります。
ここでは、英語についても個人文章、ビジネス文章の翻訳を行うことができるサービスとして、トランスマートについて紹介します。

このトランスマートでは、パーソナル、ビジネス、そして個別の内容が存在する場合に対応できるようになっているコンシェルジュという三つのコースが設定されており、それぞれ料金の違いがあります。
例えば個人の手紙レベルの翻訳を依頼したい場合についてはパーソナルで十分であるため、1文字辺り6円での英訳が可能です。
これがビジネスレベルものが必要という場合については、1文字当たり10円という設定となり、その分品質が向上する、という仕組みとなっています。

料金などについて詳しくはこちら